名古屋芸術大学TOP > 美術学部 > 美術学部:概要(支援制度)

    • 音楽学部
    • 美術学部
    • デザイン学部
    • 人間発達学部
    • 大学院
    • デジタルパンフレット
    • 入試・広報 News & Topics
    • 演奏会・コンサート News & Topics
    • アート・展覧会 News & Topics
    • 公開講座 News & Topics
    • キャンパス情報 News & Topics
    • イベントカレンダー Calendar

支援制度

全学生の皆さんの大切な将来に対して、名古屋芸術大学ができること。芸術という枠にとどまらず、修学や健康面、そして快適な毎日のために、本学にはさまざまな支援制度があります。充実したキャンパスライフを過ごしてもらえるように、そして大学生活を、楽しく、一人ひとりが各々の目標に向かって専念できるように、設備や制度など、多角的なサポートを展開していきます。気軽に申し出て、どんどん活用してください。

奨学金

奨学金制度は、学費減免制度・日本学生支援機構をはじめ地方公共団体や各種法人が直接募集するものがあります。詳しくは各学部教務学生課まで問い合わせてください。また不慮の事故などで学費が払えない場合にも、これをバックアップするためのあらゆる手段を考えます。

本学の奨学金制度

種別 形態 対象/人数 返還
学費減免 授業料の1/2額を免除 学業成績、人物ともに優れ経済的理由により修学援助を必要とする2学年以上の学生若干名 返済の義務なし

日本学生支援機構(平成21年度)

大学・大学院 種類 貸与月額
大学 第一種奨学金
(無利息の奨学金)
自宅通学  30,000円、54,000円から選択
自宅外通学 30,000円、64,000円から選択
第二種奨学金
(有利息の奨学金)
30,000円、50,000円、80,000円、100,000円、
120,000円の中から選択(貸与期間中の月額変更が可能)
大学院 第一種奨学金
(無利息の奨学金)
50,000円、88,000円から選択
第二種奨学金
(有利息の奨学金)
50,000円、80,000円、100,000円、130,000円、
150,000円の中から選択(貸与期間中の月額変更が可能)

学内の事故等

授業中もしくは課外活動中・通学中に発生した事故に関しては、学生教育研究災害傷害保険・学研災付帯賠償責任保険を適用します。また正課中および課外活動中の事故については、大学が医療費の一部を補助します。

i-COMPASS

i-COMPASSは、学生への連絡・休講・補講・催し物等の情報をキャンパス内のプラズマディスプレイおよび携帯電話、パソコンから閲覧できるもので す。また、e-mailアドレスを登録することで、学生への連絡はe-mailで届きます。

課外活動(クラブ・同好会)

学生時代は、喜びや楽しさ、苦しみも含めて忘れることのできない思い出となるはずです。組織運営、チームワーク、友人関係先輩、後輩との人間関係、忍耐力、判断力などサークル活動で得るものは計り知れません。本学には、文化系、学術系、体育系など、34の公認団体が、それぞれ自己の責任に基づいた積極的な活動を行っています。本学は、自主自立の精神を備えた人材の育成という観点から、これらクラブ同好会活動を側面から支援しています。

[クラブ名紹介]
ミックスナッツ(硬式テニス)、フラワーショット(硬式テニス女子)、郷土文化研究、サマータイムブルース(軟式野球)、スキー、バトミントン、空手、剣道、サッカー、バスケットボール、バレーボール、自由音楽、ミュージック・ボランティア、軽音楽、ジャンパスイングオーケストラ、動画漫画研究、演劇、写真、陶芸、版画、フォークギター、レーシング、着付け、ジャズ研究会、うたべ、 m&m's、弓道、フットサル、ウインドサーフィン、卓球、フェンシング、天文部、ストリートダンス

セミナーハウス

長野県・木祖セミナーハウスは、四学部共通で使える学生のための施設です。オペラ公演のための強化合宿やクラブ単位の合宿などに使われています。もちろん、旅行など個人の使用も可能。手軽でリーズナブルな旅行が楽しみたい人は、気軽に教務学生課に問い合わせてください。

 

学生自治会

学生生活を自らより良い方向に変えていくための学生組織です。クラスごとに代議員を送り、さまざまな決議を行います。クラブの予算管理をはじめ、芸大祭を取り仕切るのも大切な役割のひとつです。

芸大祭

芸大祭は、学生自治会が主体となって芸大祭実行委員会を組織し、毎年11月に各キャンパスを会場に実施する大学祭です。様々な企画・イベント・出し物が行われ、多くの人々によって賑わいます。