名古屋芸術大学TOP >国際交流センター

    • 音楽学部
    • 美術学部
    • デザイン学部
    • 人間発達学部
    • 大学院
    • デジタルパンフレット
    • 入試・広報 News & Topics
    • 演奏会・コンサート News & Topics
    • アート・展覧会 News & Topics
    • 公開講座 News & Topics
    • キャンパス情報 News & Topics
    • イベントカレンダー Calendar

国際交流センター

世界で学び、未来を作る。グローバルな夢の果てしなき挑戦を名古屋芸術大学は、サポートしています。

大学間の交流は、ヨーロッパやアメリカを中心にアジア・太平洋地域へと広がり、世界規模で活発になっています。このような状況の中で、本学はさまざまな芸術大学と交流関係を持ち、芸術の世界で国際的に通用する人材育成のための環境が、整いつつあります。現在、姉妹校提携している大学は19校ですが、単位互換システムを採用し、教員・学生とも活発な交流が行われています。NUA国際交流センターの誕生と共に、このような動きは今後急速に高まっていきます。

 国際交流センター

1994年度に設置された本学国際交流センターは、本学学生の留学や外国人留学生の受け入れ、また今後さらなる国際交流関係発展の窓口として、その働きが期待されています。

国際交流センター写真

 留学生の受け入れ

本学の外国人留学生は、年度によって差はありますが、常時20~30名が在学しています。2004年にはフランス・国立ディジョン芸術大学、イギリス・ファルマス芸術大学、ブライトン大学、韓国・慶南大學校、シンガポール・テマセクポリテクニック、マレーシア・マラ工科大学からの交換留学生を受け入れています。

 

 留学生について

留学生写真 グローバルな視野と国際センスを育むために、本学では学生が海外で学ぶ機会を幅広く提供しています。現在はヨーロッパやアジア各国を中心に、イギリス・ブライトン大学、ドイツ・ブレーメン芸術大学、韓国・龍仁大学、アメリカ・デンバー大学などに留学生を派遣しています。姉妹校の締結をした学校も年々増えると共に、姉妹校との単位互換システムの採用により、一段と活発な交流が行われています。

 

 ブライトン大学賞

毎年開催されるイギリス・ブライトン大学と本校との共通イベント。卒業作品から秀作が選定され、受賞者には賞金が授与されます。

受賞時写真

 シテ・インターナショナル・デ・ザール

パリでアートを学ぶ外国人のための「アーティスト・イン・レジデンス」(アトリエ付宿泊施設)。NUA関係者ならだれでも申し込み可能。

シテ・インターナショナル・デ・ザール写真

 

 多彩な学術交流(音楽学部)

作品展写真大学がグローバル化を叫ばれる中で、音楽学部は現在世界の8大学と学術交流協定を締結しており、中でもアメリカコロラド州デンバー大学と活発な交流が行われています。短期留学生の交換、夏期研修など学生の交流の他、昨年はデンバー大学の教員で組織する金管五重奏「エアリーズ・ブラス」が来学し、コンサートとクリニックを行いました。今年度は、5月に学生によるウィンドオーケストラがベルギーを訪問し、青少年のための国際音楽祭50周年記念演奏会への出演と、アントワープ音楽院との姉妹校提携を行います。秋にはオーストラリア音楽大学のスマート教授が来学し、合唱演奏会の指揮を行う予定です。

 交換留学生作品展(美術・デザイン学部)

作品展写真 本学と学術交流協定を結んでいる外国の大学から来ている交換留学生が留学期間中に作った作品を中心にして、前期の終わりの7月中・下旬と後期の終わりの12月上・中旬の2回にわたって、本学のギャラリーBE・beで、留学生作品展を行っています。来学している交換留学生にとって励みになればと考え、また本学に学ぶ日本人学生との交流の場になればと考え行っているわけですが、毎回、外国の学生ならではと思われる作品が展示され好評を博しています。