名古屋芸術大学TOP > 音楽学部 > 音楽文化創造学科(アートマネジメントコース:講義内容)

    • 音楽学部
    • 美術学部
    • デザイン学部
    • 人間発達学部
    • 大学院
    • デジタルパンフレット
    • 入試・広報 News & Topics
    • 演奏会・コンサート News & Topics
    • アート・展覧会 News & Topics
    • 公開講座 News & Topics
    • キャンパス情報 News & Topics
    • イベントカレンダー Calendar

実践的体験から理論へと進む、言わば「逆発想的」理論で授業を展開します。
大学資源(環境)をフルに活用した実践を導入する一方、依頼型企画に取り組みます。

アートマネジメント概論

アートマネジメントの基本概念と、芸術運営のための基礎知識を身につけます。芸術を自分の言葉で明確に説明できる能力、ならびに芸術に対する感性と知性を養い、積極的に芸術に献身する心構えを身につけます。具体的な事例研究もとりいれ、芸術と社会をいかにして結び付けるかを考察していきます。

マーケティング

消費者のニーズや欲求を満たす商品をいかに作り、それをどのようにして売るか、すなわちマーケティング理念・戦略について学びます。マーケティングに関する知識・技術を習得し、その意義・必要性を理解するとともに、市場環境の変化に対応できるマーケティング戦略を立案・実行できる能力を育てます。

アウトリーチ実習

音楽を素材とし、名古屋芸術大学の音楽資源を活用した企業の設立に取り組む授業です。市場調査をもとに業務内容、人事構成、組織編成などの設計図を組み立て、実現(可能)性をの高い事業(例えば人材派遣、施設貸し出し、音楽教室、CD制作、コンサート、イベント企画運営など)を比較的早い時期からスタートさせることをめざしています。

インターンシップ

企業に出向き実際の業務を実施体験します。イベント制作会社、音楽出版社、プロダクション、各種自治体の催事担当部所、音楽ソフト販売会社、音楽録音スタジオ、映像スタジオ、PA会社などで業務を行うことにより、自分の適性を客観的に考えることができます。自分の進路に対する様々なバリエーションも具体的に描くことができ、スムーズな就職に役立ちます。

 インターンシップa、b

自分が目指す専門分野に関係する現場や職場に出かけ、一職員として実践の研修を受けるもので学内で得ることのできない知識を学ぶことができます。 主なインターンシップ先は以下のとおりです。

  • □(有)サンデーフォーク・プロモーション
    □名古屋フィルハーモニー交響楽団
    □浜松市楽器博物館など
  • □エフエム愛知
    □セントラル愛知交響楽団

プレゼンテーション演習 II

プレゼンテーションおよびコミュニケーション能力を養成する実践トレーニングの場として、「感じて動く」ためのコミュニケーション術を学びます。そのために、受け手の共感点や価値観がどこにあるのかを見極める「洞察力」、私たちを取り巻く環境が今どう変わってきたかを読み取り、それを目に見えるように提示する社会や時代の「認識力」を磨いていきます。